スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXTRA7雑談

マガ「う~ん…あれ?いつの間にこんな時間に…?寝ちゃってたのかな?」

オニ「かな?じゃねぇよ、まったく霊夢はのんきだな…」

マガ「え~っと…ごめんオニ、今までの話の流れなんだっけ?」

オニ「あれだけぐっすり寝てりゃそりゃ忘れるわな。いいか?耳の穴かっぽじってよ~く聞けよ?わt」マシロ「ブンナグリマスヨ!!」

オニ「うぉ?!くそっ、覚えとけよクソリィダァァァアアアア……!!」

マシロ「邪魔ものは吹き飛ばすに限ります!でも自分だけの話をされる前でよかった…霊夢さん?私が本当のことを教えてあげますからね…?」

マガ「(あのマシロの目が座っている…!?)……ガクブルウンウン」

マシロ「かくかくしかじか、です。」

マガ「あ…うん、流石高速伝達gムグッ?!」

マシロ「と、いうわけで今回の話に移りましょう。今回は回想回の後編…とはいっても語りが誰で、しかも魔理沙さんとアリスさんは大体いいとして、あの魔女がどうしてああなったのか…などもう少し語られそうですね。
たぶん私と総帥は二人そろって『ポカーン』です。前にあった『井の中の蛙、大海を知らず』という状態でしょうか。フフッ…しかし、話に出てきた紫という存在はなんだか親近感が沸きますよ。私もああならないように気を付けなければいけませんね?
…ところで霊夢さん?」

マガ「ぷはっ!はぁ、はぁ…な、何?マシロ…」

マシロ「邪魔なオニはいません。他の人たちもまだ他のところで寝てます。…ニコッ」

マガ「えっ?……ちょ、ま、マシロ!大きな声出すわよ!」

マシロ「いいですよ?私がきれいな声で鳴かせてあげますから…私をM扱いされたままでは気が済みませんので…」

マガ「コンナハズハーーー!!」







………

……



天子「…」

白夜「…」

二人『先越された!?』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

七庭 桜花

Author:七庭 桜花
ようこそ、ここのメインは小説ですのでリンクからどうぞ。
あ、直接言いたいことがあるのならば
「fran_remiria###yahoo.co.jp」
「###」を「@」に変えてくださいな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。