スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチェさんの日記17

妹君「……パッチェさん、最近ぼろぼろで帰ってくるけど、どうしたの?
私との修行もらしくない被弾してるし。」

パッチェさん「妹君が強くなったんだ。我の隙に攻撃を刺せるようになってきたんだからな?」

妹君「パッチェさん!……前の答えになってないよ。」

パッチェさん「……妹君。知らなくていいことというのは世の中にある。いろいろ知ろうとしているのはわかる。追いつこうとしているのもわかる。だが……深入りを望まぬやつもいる。それを覚えておいてくれ。」

妹君「……………」

パッチェさん「さて、今日の修業は終わりにしよう。何か得るものがあるのならば幸いだ。(ブウン…」

妹君「行っちゃった……無茶だけはしないでね、パッチェさん。私の味方なんだから……」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:七庭 桜花
ようこそ、ここのメインは小説ですのでリンクからどうぞ。
あ、直接言いたいことがあるのならば
「fran_remiria###yahoo.co.jp」
「###」を「@」に変えてくださいな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。