スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXTAR8 雑談

オニ「そんで、だ。霊夢さんよぉ?なんであたしに呼ばれたか当然分かってるよなぁ?」

マガ「えっ?!……ごめん、わかんないよ。」

オニ「もう一度だけチャンスをやる。なんで呼ばれたか分かってるよな?」

マガ「うぅ…(オニと二人きりで何か…?怒られるようなことしたかなぁ…)あっ、分かった!」

オニ「ほうほう…うん、言ってみな?」

マガ「オニとニャ『キングクリムゾン!!』」

オニ「…はぁ…おいおい霊夢。そりゃ向こうの仕事だ。今ので落ち着いたな?三度目はないぞ。」

マガ「ぐぁ…ッ…わ、私だってふざけてみたくなることだってあるの!…雑談でしょ?でも吹き飛ばされなかったし、オニが手加減するなんてめzムグッ?!」

オニ「…分かってんならいいんだよ。んで?何かあるのか?」

マガ「ぷはッ…いきなり口をふさぐなんて…まぁいいや、紫がなんで介入してきたかの予想はあるし、「彼女」が誰か、ってのはスキマに落とされたのメンツ的に予想ができなくもないから…やっぱりアリスさんの裏が見れないのがちょっと残念かな。」

オニ「んなこと言ったって、あたしのルートなんだしあいつらが出てきた時点で余計な設定は伏線にしない限り必要ないって分かりきってたことだろうが。あいつの裏切りフラグでも建てたいらしいな。」

マガ「…その発想はなかった。」

オニ「マジで言ってるんだから、ほんといたたまれねぇな…」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

七庭 桜花

Author:七庭 桜花
ようこそ、ここのメインは小説ですのでリンクからどうぞ。
あ、直接言いたいことがあるのならば
「fran_remiria###yahoo.co.jp」
「###」を「@」に変えてくださいな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。